市内に住宅を取得し、転入した若い世帯に対し補助金を交付します  【住むなら三島移住サポート事業】

補助対象者の条件

補助の対象者は、いずれかが満40歳未満である夫婦の一方、 又は中学生以下の子どもがいる満40歳未満の親であり、 下記の条件を満たす方です。
・平成28年4月1日以降に三島市に転入し、転入日の前日まで1年以上市外に居住していたこと。
・平成28年4月1日以降に市内にある住宅を取得し、定住(5年以上居住)すること。

〈注意事項〉
・住宅の取得とは、戸建て住宅を新築、建売り住宅及び中古戸建て住宅を購入、又は新築・中古マンションを購入し、所有権の移転又は保存の登記をする事です。
・夫婦ともに転入者である必要があります。

補助対象住宅の条件

・平成28年4月1日以降に新築にあっては工事請負契約、購入にあっては売買契約を締結したこと。
・玄関、居室、台所、便所及び浴室を備えていること。
・居住の用に供する部分の床面積が、75㎡(マンションにあっては占有部分の床面積が55㎡)以上であること。

〈注意事項〉
・住宅の無償譲渡や相続などは補助対象外です。
・土地のみの購入は対象外です。
・土地の所有は問いません。
・賃貸目的の住宅は対象外です。
・併用住宅は、上記条件を満たしていていれば対象となります。

補助金の金額

補助金額は、県外からの転入者、県内の市外からの移住者によって異なり、下記の通りです。

・県外からの転入者は120万円
・県内の市外からの転入者は50万円
*同居し扶養する中学生以下の子どもがいる場合
1人につき10万円の上乗せ(上限30万円)

〈注意事項〉
・住宅の取得金額が、上記金額に満たないときの補助金額は、取得金額となります。
・中古住宅の場合は、土地購入金額を住宅の取得金額に含めることができます。 .

申請の流れ、申請書のダウンロードなど詳細は三島市のホームページをご覧ください

三島市移住・子育て・耐震リフォーム事業費補助金について

補助対象

•県外から移住してくる若い夫婦等(双方又は一方が満40歳未満の方)

•子育て世帯(15歳未満の子と同居している方)の世帯員

•三島市耐震補強助成事業にかかる工事と同一年度に併せてリフォーム工事を行う方

補助対象住宅

•自己が所有し、又は3親等内の親族から無償で借り受けている市内に存する住宅(賃貸アパート等は除く)

※分譲マンション等の場合は専有部分、併用住宅の場合は住宅部分が対象

補助対象工事

【増築】
既存の居住部分が無い場所に新たに居住部分を建築し、又は既存の居住部分以外の部分を居住部分に変更することにより居住部分が増加する工事

【改築】
既存の居住部分の一部を取り壊し、その場所に居住部分を改めて建築する工事

【修繕等】
1.住宅の耐久性を高める工事  2.住宅の安全性を高める工事  3.住宅の居住性を高める工事  4.住宅の環境負荷軽減に資する工事

※ご注意ください
•増築部分のみで独立した住宅の機能を有することとなる増築は、リフォーム工事から除外します。
•複数の住宅についてリフォーム工事を行う場合にあっては、いずれか1つのリフォーム工事のみを対象とします
•他の制度に基づく補助金の交付の対象となった工事等はリフォーム工事から除外します。

補助対象経費

•リフォーム工事に要する経費が10万円以上の工事

補助金の額

補助対象経費に、次に掲げる補助率を乗じて算出した額が補助金の額となります。また、工事発注者が2以上の要件に該当する場合は、それぞれの補助金の額を加算することができます。

【県外から移住してくる若い夫婦等】
補助率・・・2.0/10 補助限度額・・・20万円

【子育て世帯の世帯員】
補助率・・・3.0/10 補助限度額・・・30万円

【三島市建築物耐震補強助成事業費補助金の交付受けて耐震補強工事を行う者】
補助率・・・1.5/10 補助限度額・・・15万円

注意事項、申請書のダウンロードなど詳細は三島市のホームページをご覧ください
   

会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ